大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/03/09
善意の訪問でしょ?何とかしてよぉ…

昨日の往診の時、往診先のお宅から出てきたら、フロントガラスに駐車違反のレッテルが…。

往診車輌は、神奈川県の公安委員会から往診中であれば駐車禁止の場所でも停められるように許可を得ていて、その許可証を見えるように掲示しておけば駐車違反はとられないのですが、そのお宅の時だけたまたま助手席の下に落ちていて掲示されていなかったため、往診のたった30分の駐車だったのですがアウト!

往診という、普通の医者はやりたがらない仕事を頑張ってやっているのに、これはかなわん!と思い、帰りにすぐに警察署へ…。

警察では、「これはもう成り立っているので取り消すのは無理です。不服であれば、しばらくしてから、罰金の請求書が来るときに、弁明書が同封されてくるので、それに記載していただくしかありません。記載しても、認められるかどうかは分かりませんが…。」という冷たいお言葉。

警察って、真面目に生きてる人間にとっては、罰金とかでしかお世話にならないから、害にしか思えなくて本当に嫌いっ!

結局帰ってきて、ネットで調べたら「駐禁は出頭したら損!」という書き込みが…。

出頭して青キップをもらってしまうと運転手さんに対する罰則になるので、減点と罰金という二重の痛手になるのですが、出頭しないで請求書が来るのを待って払えば、車に対する罰則ということで、人に対する減点はないそうです。(゜ロ゜;

警察もくだらなければ、法律もくだらないなぁ…。

許可証をいただけない訪問ヘルパーさんとかも、駐禁を取られて同じ思いをしているのでしょうねぇ。

昔、父が往診で駐禁を取られたときに、警察署への電話一本で取り消してくれていたシーンを覚えていたので、昨日はなんだかガッカリ…(*_*)

「入院から在宅へ!」なんてキャッチフレーズを掲げているのなら、往診とか訪問介護とか、善意の訪問に対する対処って、もっとなんとかならないものですかねぇ。
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako