大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/04/13
保護者会の役員

今日は娘の大学の保護者会の役員の幹事会。

娘の卒業年度ということで、今年一年は最後の一年になり、私は昨年から副会長をやっています。会長に推薦されたのですが、平日の行事が多くて、その度にクリニックの休診を余儀なくされるので、逃げ回って今年度もなんとか副会長で許していただきました。

今年で6年目となるのですが、一年生の時に一学年110人しか学生がいないのに27人も留年させられて、調べてみたらそれ以前の学年も軒並み20人以上の留年。中には他の大学にない宗教学でも留年させられていて…。

一年生といえばまだ医学の医の字も教わっていないのにそんなに留年させるということは、教える側に問題ありっ!ということで、教授たちとの懇談会があった時に、役員全員で教授達を攻撃!

教授たちは、「医学部は厳しいということを知らしめるための見せしめだ!第二次世界大戦の武器では戦えない!」とかいう訳のわからない言い訳をしてきて、「普通に審査するべき!そんな事だから、子供たちはこの大学が嫌になって、卒業後にほとんど残らないんだ!」と猛反発!

その翌年から「あんなこと言われるならもう懇談会には行かない。」と教授達に言われ、その懇談会はそれ以降行われなくなりましたが、留年の数は激減して三名前後くらいで普通になりました。

それ以外にも学生用の災害時の備蓄の予算を作って、備蓄を整えたり、国家試験の模試の費用を保護者会で負担したり、学生のためにかなり仕事をしている保護者会となっています。

役員の皆様との雰囲気も良くて、行くことが楽しみになっているのですが、あと一年でおしまい…。仕方ないけど、学生達のために何ができるか、今日も話し合ってきます。

いい天気だなあ…\(^o^)/

 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako