大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/07/06
自分のために気を付けましょう

血圧でかかり始めたのに半年前からぱったりと来院していなかった方。

薬は2ヶ月分しかお出ししていないのに、、「昨夜から薬が無くて、時々忘れていたもので…。」と。

「2ヶ月分出したのが半年ももったのなら、時々忘れたのではなくて、時々飲んでたくらいのレベルですよ。」と申し上げたら、「嘘ですっ!そんなことありません!」と何故かご立腹。

お薬手帳を出して、「半年前の1月以降も何度か来た!」とおっしゃって、その証拠を見せようとされるのですが、私が出していないものがお薬手帳に書いてあるわけもなく…。

こちらは患者さんの健康を気遣ってお話をしているのですが、何故か「来た」「来ない」のバトルに持ち込まれてしまって。

変な雰囲気に私がたまりかねて、「私に口でいくら勝っても構いませんし、もしこちらが悪いのならなんぼでも謝ります。口ではいくらでも負けて差し上げますけど、お薬をやめてしまって倒れるのは僕ではなくてあなたなのですから、どうかあなたのために、きちんとお薬を続けて下さいね。」と申し上げたら、我に返ったかのように「あ、そうですよね…すいません。」と笑顔でお帰りになられました。

自分は正しくて相手は正しくない前提の人が多い世の中…。
おじちゃん疲れる…

病院って、患者さんの「辛い思い」や「嫌な念」を置いて帰って行く場所だって言う人もいるけど、置いていかれた「念」はどこに行くのだろう…?

あ、これが残念というのか…(*_*)
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako