大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/07/09
認知症…

当院に長くいらしてた70歳台後半のご夫婦。

最近は交代で外来受診をされていて、奥さまがいらした時はご主人の分の薬を、ご主人がいらした時は、奥さまの分の薬を持ち帰られて、何とも効率的というか、ご夫婦で平等に計画的に通院されていて、仲が良いんだなあ…と漠然と思っていたのですが…。

このところ奥さまが体調を崩されて、「腰が痛くて歩けないと言うから…。」と言って、今年の2月からはご主人ばかりが受診されていて、こちらも立場上、「そろそろ奥さまも薬だけという訳にはいきませんから、体調の良い時にいらして下さいね。」くらいの言葉をおかけしていたのですが…。

昨日、市役所の方がその奥さまを連れて二人で受診をしたいと電話があって、「なんで市役所の方と来るんだろう?」と思いつつ、お待ちしていたら、奥さまが認知症になって入所させたいとのこと。その上、市役所の方が私に耳打ちしてきて…

「今朝、ご主人が首を吊って亡くなっているところを発見されまして…。」

職員全員でびっくり…(*_*)

奥さまを診察したら背中に無数のアザがあって、、。

これは想像でしかありませんが、奥さまの認知症の進行で悩んで、DVという形になってしまっていて、これから先の生活を悲観しての自殺だったのか?

しっかりとしていたご主人だったので、奥さまの事で悩んでいるなんて全く周囲に気づかせず、奥さまも1月に診察にいらした時には認知症なんて思いもしなかったし…、近所の方も全く分からなかったようで。

認知症の方というのは、外来にいらしている時とか、介護保険の審査の時とかは緊張していて認知症の症状も出ていなくて、家族だけになると全くの別人なんていう方もいるので、奥さまもそうだったのでしょうか…、今さら悔やんでも仕方ないのですが、一言相談して欲しかった。(T_T)

認知症、、ご本人もご家族も一人で悩まないで欲しい…。

誰かと悩みを共有すればするほど肩の荷が降りて楽になれるし、周りに打ち明けてくれれば必ず良い方向にいきますから。

相模原市の認知症サポート医なんて任命されながら、今回の失態…。残念でなりません。(T^T)
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako