大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/07/10
15歳の患者さん

1ヶ月前に猫を救おうとして2階から転落して以来、幻覚や立ったまま意識が消失してしまって、あちこちの病院に問い合わせても、「それはうちじゃない。」と断られてしまって、精神科を勧められて精神科に行かされたりした15歳の方が昨日ご両親と共に当院へ。

基本的に16歳未満は小児科で、16歳からは内科のため、内科では断られてしまい、脳外科では電話で問い合わせただけで「精神科じゃないか?」と言われて、精神科ではうちじゃないと言われて…、困り果てた上での当院受診のようでした。

話を聞いて診察してみると、精神的におかしな感じはなく、ここ一週間で症状が悪化してきているということだし、昨日の午前中も総合病院の小児科に行っているのに普通に帰されていて…。私的には外傷性のてんかんや硬膜下血腫などを疑って今日行くように脳外科を紹介したのですが…。

自分としては、MRIと脳波をとるべきと考えたのですが、内科、精神科、脳外科、小児科で断られた方を、私だけ脳外科だと考えて大学病院の脳外科に送ったりすると、なんか自分の診断が間違っているような感覚になってしまうのですが…私が変なのか?

ご両親をみても普通に見えるし、「二階から落ちるまでは全く普通だった、早く調べて欲しい!」と必死に訴えてくる姿をみていると、精神的な疾患にはとても思えなくて。

少なくとも、二階から落ちて1ヶ月経っても頭の検査に至っていないなんて、なんでこんなことになっているのでしょうね。

学生や研修医が来ると必ず言っていることがあります。

「悪く考えてしっかり検査して、何もなくて医者として自分が恥をかくのはかまわない。軽く考えて家に帰して、後で重大な病気があったら大変なことになる。」

今日、私がいつも冷たいなぁ、、と思うK里大学病院に送ったのですが、奇跡的に良い先生に当たりますように…ホント頼みますよ!(^人^)

…冷たかったらすぐに戻ってきて次の手を考えましょうとお伝えしてはおきましたけどね。
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako