大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/12/02
医療費の抑制政策

湿布、風邪薬、保湿剤、花粉症治療薬、ビタミン剤が保険的応外になる?そんなニュースが出ています。

外来でも、患者さんから不安の声が上がっています。

「いつからですか?」という質問が多いのですが、記事によると…

「健保連が提案したというだけで、まだ何も決まっていないのが現状です。日本医師会においても賛否が分かれているようです。今後については、日本の健康保険制度や診療報酬の改定などについて審議する中医協(=中央社会保険医療協議会)において話し合われていく予定です。」

外来をやっていると、健康保険の財源が厳しいというのに、皆さんそういった意識が低いのでは?と考えさせれらる場面が多いのも事実ですが…。

お年寄りの窓口負担が現在の1割から2割に増えるなんていう話も出ていて、医療費はますます厳しいものになっていきそうです…。
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako