大塚内科医院
 
ホーム 組織概要 診療内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2020/02/12
寝て治そ!

月曜日のメディカルセンターは、開始早々めまいの方が2名いらして点滴。寒暖差があって、気圧の変動も激しいから、このところめまいの方が多い気がします。

インフルエンザは7名調べて1名だけ、B型がプラスでした。その方は小学生で、学級閉鎖寸前になっているほど流行っていると言っていましたので、局所的にはまだ流行しているのでしょうか。当院では一週間で4〜5人まで減少しているのですけどねぇ。

吐いたり下したりのお腹の風邪も相変わらずちらほらでした。

いつも思うのですけど、受付時間の終了間際の22:30頃に必ず駆け込みで何人かいらっしゃるのですが、そういう方はだいたい1ヶ月くらい体調が悪くてあちこちで調べたのですが…とか、今日の日中も病院に行ったのですが治らなくて…とか、「何で今駆け込んで来るの?」という方が多くて。

応急処置を目的としているメディカルセンターに、あちこちの病院で日中の診療で詳しく検査している方がいらしても、話を聞いて差し上げるくらいしか…(^^;

麻疹でも風疹でも水疱瘡でもおたふくでも…、病気が何者なのか検査も治療もなかった頃は、人類は何でもかんでも寝て治してきたのですけど、昨今、原因も分かるし、医療も進化してきたにも関わらず、それに逆行するように人間の免疫力を信じて家でじっと寝て治そうという方が少なくて…困りますなぁ。

何でも除菌とか消毒とかで逃げるのではなく、かかってしまって、もうその先はかからなくなる強い身体を作るくらいの気持ちを持っても良いんでねぇの?

今の新型コロナウイルスも、寝て治せる程度の病気というのが分かってきたのですから、クルーズ船でストレスで病んでしまう前に自宅や他の施設で経過を観察しても良いでは?

マスクが売り切れたり、アルコール消毒が売れたり、ウイルス側からしたら「人間って俺たち相手にこんなに動揺して、ホントこっけいで面白いなあ…。」くらいに思っているでしょうね。
 
戻る
Copyright (C) 2001 Tako